このページの最終更新:2008/10/25


HONDA CBX125F (page 1)


2006/7/29 試走で英彦山往復 150km。

1.日帰りツーリングに力強いマシンが欲しい (2006/8/5)

ちょっと気になるバイク達のページでも書きましたが、CBX125F は、私の理想とするバイクの1つです。何台もバイクを持っていながら現状に不満を持つというのはゼイタクな話ではあるのですが、クラッチ&シフト操作ありでニーグリップで走行できるスポーツバイク(維持費の関係で 125ccc!) が欲しいと言う欲求はあらがい難くて…。e-speed の 110cc 化で一応落ち着いてはいたのですが、性能ギリギリで息ついて走ってる状況に対する不満は解消できず、とうとう中古の CBX125F を買うことに相成りました。

置き場の関係で追放の憂き目にあったのは、やはり一番優先度の低かった e-speed。ヤフ●クに出し、沖縄の人の所へ身売りされてしまいました。ごめんね e-speed。

さて、購入したのは無論中古です。購入を決めた時点では CBX125F の年式や型についての基礎知識も殆どなくて、それ以上に、CBX125F と CB125T のどっちにしようか、などと天秤にかけていた程度しか知らなかったんですが、Web で色々調べたり、バイク屋の兄ちゃんに聞いたりして、年式別に1型、2型、最終型とあることを知りました。1型は黒か白/青、2型は白/赤、最終方は紫/黒のカラーリングで、最終型はデチューンされ馬力が落ちているとか。個人的に、馬力が多少劣るより、年式が新しいほうが今後の維持が楽そうだと思ったのですが、あちこち探して見つけたのは、佐賀県唐津市のバイク屋さんにあった2型でした。一応下見に行って、なかなか状態も良かったので購入を決め、納車整備の後、2週間後にトランポに積んで持ち帰りました。じっくり見ると、シートは本来赤色のはずなのに黒が付いてるし、フェンダーも2型なら白のはずなのに黒だし、チェーンカバーは欠品しているし、左右のリアサスは色が違うしで、ひょっとしたら寄せ集めてデッち上げた1台じゃなかろうか、などと思ってます。走行距離がわずか 1,400km ってのも、本当のような、何か違うような…。

この CBX125F については、さほど珍しいバイクと言う訳ではありませんので、私も特にイチイチ Web 記事にはしないつもりです。まあ、Web で検索した情報でも述べられていたように、キャブを2回洗浄したにも関わらず調子は今ひとつで、エアスクリュー2回転半戻しで何とかそこそこ走る代わり、交差点で停まるたびにエンストに気を使ってます (--;)。バイク屋さんが落ち着いたら、秋口にでも本格的に見てもらおうかと…。

なお、たとえ日帰りツーリングであっても、みやげ物を積むスペースは必須と考えるワタクシですので、購入して最初に行ったのは、タンクバッグとサイドバッグの装備でした (^o^;)。パンク修理用の道具とカッパを積むには、タンクバッグだけでは無理がありますしね。細身の 125cc に大き目のタンクバッグとサイドバッグはいかにもアンバランスですが、走行感は悪くなく、そんなにトバす訳でも無いのでいい感じです。

2.メンテナンス記録 (随時更新)

日付 積算距離計 作業内容
2006/7/22 1,401km 購入。唐津からバンに載せて搬送。
2006/7/27 1,450km オイル交換 & SuperZoil注入、点火プラグをイリジウム DPR8EIX-9に交換。
2006/8/1 -
エンスト多発。始動直後はいいが、ガバっと開けて走った後、交差点で停止するとストンと止まる。
キャブのスロー経路の詰まりを疑い、キャブをバラして洗浄。…しかし、あまり改善されず。
2006/8/2 -
欠品のチェーンカバーを新品調達し装着。
チェーンのシールが経年劣化で一部割れているのを確認したが…、まあ、とりあえずいいか…。
2006/8/24 1,560km いきつけのバイク屋で、常連の一人から「カブり気味のエンジンに電極の細いイリジウムは不向き」との指摘を受け、
点火プラグをイリジウムから元の DP8EA-9 に戻した。
2006/10/7 1,920km 北九州市〜熊本・阿蘇日帰りツーリング。エンストが気になる…。
2006/10/21 - キャブを再洗浄…でもエンストは改善されない。新品のキャブセットが在庫があると聞き、交換を決心。
2006/10/28 -
プライマリーキャブを新品に交換。
エンスト現象が解消!!。プライマリー/セカンダリーのセットで2万5千円したけど、正解。
まともに走れるようになった。
2007/3/26 2,194km
点火プラグの試行錯誤中。やはりイリジウムよりノーマルのDP8EA-9 (DPR8EA-9) の方が高回転域で安定する。と、ネットで DP8EA-9 互換で放電電極が2つあるタイプのプラグ (NGK JR8C) が出ていたので、交換して試すことに。…悪くないけど、DPR8EA-9 の方が良かったかも…。
2007/4/7 2,330km
エンジンガードを装着。詳細は別記を参照。ついでにオイル交換。
2007/9/30 2,450km cbx125f-13.jpg →交換 cbx125f-14.jpg
リアサスの動作に不満は無いが、左右で色違いなのが気になり、左右ともヤフ○クで入手した銀色の中古品に交換。また、キャブ洗浄のついでに、セカンダリーキャブも新品に交換した。
2008/7/19 2,864km あまり走ってないけど、前の交換から1年以上過ぎたので、オイル&オイルクリーナエレメント交換。
2008/8/24〜31 2,900km しばらくぶりに遠出をしたらエンストが頻発したため、キャブを分解洗浄 (仕事の都合で分解したまま1週間放置 ^^;)。洗浄後は調子がいい。半年に一度程度は、バラして洗ってやらないといけないかも…。
2008/9/22 3,300km cbx125f-22.jpg
2年ぶりに阿蘇へ日帰りツーリング。エンストも少なく (若干あったが…)好調。荷物の積載能力不足に悩む。
2008/10/19 3,400km サイドバッグ用ガードと簡易リアキャリアを作成。詳細は別記を参照。
2008/?/? ?,???km  
おことわり
当ページは CSS 対応型式に逐次更新を行っている最中です。ページの体裁が一部、 古いままの記事が残っている箇所がございますので、ご了承願います。

←前のページへ |  ▲▲トップページへ戻る  |  ▲一覧へ戻る  |  次のページへ→

お問い合わせは、下記アドレスまでメールでどうぞ。Editted by 今石良寛。
★注意★ このページに掲載されている内容の著作権は、ページ作者に帰属します。 許可なく転載または引用することを禁じます。また、このページはリンクフリー です。リンクを張る際の事前連絡と承諾は不必要です。ただし、トップページ以外の ページにリンクを張られた場合、ページの構成変更等でリンク切れとなる場合が ありますのでご注意下さい。