このページの最終更新:2005/7/4


HONDA RACOON MM50(AD02) 思い出のバイク (page-3)


▲運送会社のトラックから降ろされた黄色のラクーン (2005/6/26)

ラクーン2号(黄)のメンテナンス記録

8.部品取りにもう1台調達 (2005/7/3)

出品画像から(50%縮小・加工)フロントフォークのオイル漏れ対策として、インナーチューブの状態が良さそうな中古ラクーンの出物(部品や車体)を某ネットオークションで探していたところ、ラクーンは事故っちゃって、保険会社さんの補償交渉が済むまでバイク屋預かり状態となってしまいました。事故で壊れてしまった部品も、今となっては純正部品の入手は困難ですから、その補修部品についても、併せて探す必要が出来てしまいました。

そんなある日、千葉からの出品で「部品取り車」ながら実働だ (^ ^;) と言う黄色のラクーンが、開始価格1万円で出ているのを見つけました。掲載されている写真を見る限り、サビやくたびれた感じは年相応なものの、フロントフォークのインナーチューブ部分はさほど悪くないようです。その点を質問してみたところ「オイル漏れなし」との返事。

まあ、ひょっとして1万円とかの低額で落札できるなら、千葉からの送料を払ってでもメリットあるし、ホントに実働なら、いざとなれば登録して走らせられるかも…と考え、入札しましたところ、競争相手が全く無かったようで、開始価格の1万円で落札できちゃいました。

気になるフロントフォーク部…悪くない。さあて、落札しちゃいましたから引き取らない訳にはいきませんが、バイクの輸送をお願いするのは初めての経験です。なんせ。赤のラクーンもキャビ50も、近県だったので自分でレンタカーのトラック運転して引き取りましたからね。本当は部品取りで欲しいのですが、さすがに「バラして荷物で送って」とは言えませんし…。幸い、出品者の方は業者さんで発送経験があるらしく、いろいろ助言をいただき助かりました。

さて、バイクを千葉から福岡の自宅まで宅配してもらうとなると、結構かかるんですよね。安く上げるには、自宅の近くに営業所がある運送業者さんに依頼して営業所留めにし、そこまで引き取りに行くと言う方法がありますが、そういう営業所が自宅の近隣には無いんですね。また、そこまでレンタカーで引き取りに行くとなると、その費用も結構かかります。相手さんが東京なら、豊洲のフェリーターミナルから東九フェリーで託送して、こちらの港まで取りに行く手もありますが、今回は千葉からですので、千葉〜豊洲の移送費とか、港までの引き取りの手間とかを考えると、あまりメリットがありません。船の到着日に休みを取る必要とかもありますしね。

丁度この頃、仕事がちょっと押していて時間が作りにくかったんで、受領の煩わしい手続きを避けるため、結局、自宅までの宅配をお願いすることにしました。週末の土日を指定して自宅まで配達してくれる業者さんをお願いした結果、配達費が3万6千円ほどかかってしまい、結局は5万弱の出費…ま、こんなもんですかね。

ハンドルのサビは結構ひどいさて、なにわナンバーのトラックがガレージに到着(自宅に配送してもらう予定だったが、大型のトラックだと言うので、降ろしやすい契約ガレージの方に直接来てもらった)し、リフトでラクーンが降ろされました。第一印象は…「ボロっ (--;)」。まあ、1万円と言う金額を考えるといいほうだと思うんですがね。

気になるフロントフォークのインナーチューブの状態は、左の写真のような感じ。上側に点サビが出てますがあまり深いものでは無く、摺動部はかなり綺麗でした。まあ、部品取り用としては合格点ですかね。それ以外の状態は、ざっと見てこんな感じでした。

  • タイヤは前後とも、思い切り減ってまっ平ら。こんなになるまで乗るなよ危険だろ、って感じ。パンクはしてませんが、乗る気なら絶対、交換ですね。

  • 外装や樹脂パーツは、全体的に退色してくすんだ感じ。でも、塗装面のサビはそんなに無いので、このまま磨くだけでも結構綺麗かも。

  • マフラーはエキパイ部分がサビサビ。でもまあ、サビを落として再塗装すれば持ちそうかな。

  • ハンドルのサビは結構ひどい。一度サビ落としをかけてみて、このまま使えるかどうか判断したい。

  • 積算距離計の表示は 19,438km。

  • シートは外側は結構綺麗だが、中のクッションがだいぶ痛んでる感じ。

  • ホイールとスポークは結構サビが来てる。使う気なら要処理。

  • チェーンは油分が無くカサカサ、回してみると特定の箇所で引っかかってる感じ。乗る気なら要交換かな。

  • キックは問題なく降りる。エンジンもちゃんとかかりそうな雰囲気。

  • ガソリンタンク内はサビがあまり無く、かなり綺麗な状態。キャップの裏は要サビ止め処理かな。ガソリンが空なのはきっと運搬時に抜いたからだろう。

配達当日は天候も良くなかったので、とりあえずガレージに放り込んでオシマイです。

1万円にしては外観は結構いいさて、整備の結果走れる状態になった時に、登録を済ませナンバーをつけておかないと困ります。そこで、平日にちょっとだけ時間を調整して、区役所で登録しナンバーを受領しておきました (販売証明書による登録)。赤のラクーンと違って 49cc の原付一種登録の白ナンバーです。登録は無料だし、かかる費用も税金が年千円だけ、しかも来年4月までに廃車すればかかりませんし (^ ^)。

本当は自賠責の方も入ってしまいたいんですが、これは保留しました。このラクーンに本当に乗るようになるのか現時点ではわかりませんし、今は夜でも休日でもコンビニで自賠責に入れる時代ですから、ちゃんと走れるようになってからでも遅くはありませんからね。

さて、7月2日にちょっと時間を作って、エンジンと電装系の簡単なチェックを行いました。

  • 点火プラグは絶縁体の色の感じから、そんなに古いものではないようだが、スパークギャップ周辺はカーボンでベトベト状態だった。換えが無いのでとりあえずワイヤーブラシで磨いて装着。

  • エアクリーナボックスを開けてみた。スポンジのエレメントは無く、その代わり前オーナーが細工したらしい、エレメントホルダの金具を枠にネットを貼ったものが装着され、簡易ゴミ避け仕様になっていた。

  • バッテリーは液ゼロの状態だった。

リアの拡大。タイヤとチェーンは要交換出品者さんが「実働」だと言っていましたので、ガソリンタンクにガソリンを1リットルだけ入れ、コックをリザーブ状態にし、チョークを引いてキック、キック…なかなかかからないので「こりゃダメか?」と思ったところ、突然「ブブブバババ…」と始動!、マフラーから白煙を上げました。へぇ、ちゃんとエンジンかかるじゃん。タイヤや点火プラグの状況から見る限り、1年前かそこらまで実際に乗られていたみたいですね、これ。

ガレージの前でギアを入れてちょっと動かしてみました。クラッチもちゃんと機能しているし、ちゃんと前進しま…おっと、ブレーキがガツんと効いてしまいますね。これはドラム内部の確認が必要かも。あ、ウィンカーは点灯するけど点滅しないぞ。バッテリーが死んでるからかな?。以前に赤ラクーンから外したバッテリに付け替えてみようか…。ポジションランプは付くけどヘッドランプは切れてるみたい。白煙がちょっと多すぎるかな?。オイルタンクに入ってるオイルはいつのか不明だから、近々に抜いてカストロールのに入れ替えよう…。

とりあえずこんなところですね。

当面の予定としては、そもそもフロントフォークを部品として流用するのが目的だった訳ですから、その部分を分解してバイク屋さんに持参し、赤ラクーンのフォークと交換する、ってのが最優先ですね。で、まあその後、完全に分解して予備部品にするのか、それともレストアして乗るか売るかするのか…まだ考えてません。レストアするとなると、またカネかかるしなあ (- -;)。でも、してやりたい気分です。

2005/7/4 メモ

(1) 「フロントフォークのインナーチューブ」

取り外して、サビをスクレイパーとスチールウールで落としてみました当初初の目的通りに、フロントフォークのインナーチューブを外し、上部の点サビをスクレイパーとスチールウールで除去しました。素人目にはなかなかいい状況に思えたのですが、バイク屋さんに持参してプロの目で見てもらうと「う〜ん、こりゃあまり程度良くないですね、多分すぐに漏れ出しますよ」とのこと (--;)。まあ、故障時の交換部品としての価値はありますが、オイル漏れ対策としてはやはり、再メッキするべきだと薦められました。

哀れ、フロントを外された黄色のラクーンインナーチューブの再メッキは、モトメンテナンス誌の記事によると、福岡県久留米市の東洋硬化と言う会社さんでやっていただけるそうです。メッキを厚く盛り直してから標準の寸法まで加工するそうなので、かなり減ったりサビで虫食い状態になったチューブでも再生可能だとか。…ただし、再メッキの費用は1本あたり3〜4万円はするそうなので、2本で8万円は覚悟する必要があるんですよね。…ちょっと、それだけの出費をしてまでレストアしたい訳ではありませんから…。

ところで、フロントホイールを外すためにアクスルシャフトを外そうとしたのですが、ナット側は問題なく外れたものの、シャフト側が固着しているせいか何かで、14mmのヘッドが並のボックスレンチでは全然回らず、カドをナメてしまいました。慌てて DIY 店に走り、高価だけどしっかりした14mmのボックスレンチを調達し、何とか外すことができました(やはり、安物の工具はイザと言う時にダメですね)が、カドをナメてしまったアクスルシャフトを再利用するのは問題です。1ヶ月前のラクーンの事故の時に、バイク屋さんが「アクスルシャフトはまだ1個だけメーカー在庫が…」とか言ってましたので、ダメもとで注文を依頼しました。残ってるといいのですが。

結局、外したインナーチューブはガレージに持ち帰りました。黄色のラクーンを綺麗に磨いてから組み付けようかと思います。

(2) 6Vバッテリー用簡易充電器

アマ無線用に使っていた簡易充電器を手直しして使用12V用のバッテリー充電器は手持ちがあるのですが、ラクーンの 6V 2〜4Ah の小容量バイク用バッテリーを充電できる充電器は手持ちがありません。セルなし 6V 電装のバイクは今となっては珍しく、6/12V 両対応の充電器は買うと結構高いので、滅多に使わないのにわざわざ買う気にはちょっとなれません。

しかし、今回調達した黄色ラクーンのバッテリーは液ナシて死んでいますし、赤ラクーンのバッテリーをシール式に換えた時に外した奴は、端子電圧が約 4V まで落ちていましたから、黄ラクーンの電装系の動作確認のためにも、とにかく充電してやらないといけません。そこで、現在は休止中の趣味であるアマ無線に熱中していた当時に使用していた 12V 用の簡易充電器をちょっと手直しして、6V バッテリーが充電できるようにしてみました。

この簡易充電器と言うのは、ACアダプタを電源に、電流制限抵抗を使ってバッテリーの標準充電電流に近い電流を流せるようにすると言う至極簡単なものです。AC電源が問題なく使える場所や、バッテリーを運べる場所(飛行機に乗らずに済む先)なら、電源装置やバッテリーを運べば済みますが、海外旅行で電源事情の悪い離島とか僻地に行く場合、電源は現地のレンタカーについてるバッテリーから拝借するしか無い、なんてことがありますので、性能は最低限でいいので、コンパクトで荷物にならない充電器が必要だったんですね。タイマーや終了検出回路なんて勿論ありませんから、残り容量に見当をつけた上で、必要な時間だけ充電器を接続し、時間が来たらちゃんと外してやる必要があります。

そもそもは 12V の自動車用バッテリーの補充電が目的だったので、電流制限抵抗は3オーム5W (電流は1A程度になる) にしていたのですが、これを 6V で 2Ah のバッテリー (標準充電は 0.2A で 10〜15時間) に適用するために抵抗値を計算したところ、45オームで 2W 以上のものに差し替えれば良いことがわかりました。電気パーツ店で 3〜5W のセメント抵抗器を買えば 50円程度だと思いますが、たまたま手元にアマ無線の高周波用 50 オーム 15W の抵抗器がありましたので、今回はそれを流用しました。また、充電電流の監視は、電流制限抵抗の両端の電圧をテスターで測り、その電圧値と抵抗値から電流値を計算することで行います。今回の場合、50 オームの抵抗に 0.2A 流れていれば、オームの法則 E = IR により電圧値は 10V となりますから、テスターの表示が 10V なら 0.2A、8V なら 0.16A の電流だと言うことです。幸い、手持ちのミニテスターで DC 50V レンジにすると、フルスケールで 10mA になる目盛りが 10V (0.2A) 時に「2」を指してくれるので、そちらを確認することで充電電流を直視でき、助かりました。

充電終了。端子電圧は 7.0V まで上昇しました開始から 10 時間で充電器を外し、数分放置してからバッテリーの端子電圧を測ってみましたところ、7.0V まで回復していました。負荷をかければ多少下がるはずですが、動作確認には十分なレベルまで回復してくれました。

鉛電池の充電は、容量÷10 の電流値で 10〜15 時間充電するのが標準の方法です。電流が半分なら時間は倍です(電流を倍にすれば時間は半分、とはなかなかいきませんけど)。ですから、抵抗値を倍の 100 オーム 程度にしてやれば充電電流は半分の 0.1A になりますから、カラッポからる24時間放置すればフル充電にできる充電器となります。また、最近の鉛シール電池は高性能で、同体積でも容量が倍以上ありますので、例えば私の作った 50 オーム版を赤ラクーンについてる 4Ah シールバッテリーに使うなら、カラから24時間放置すればフル充電になる計算です。抵抗は熱を持ちますので、必要な最低熱容量より大きな部品を使う必要があります。今回の計算では 1.8W でしたので、余裕を見て 3W 以上の熱容量を持つ抵抗器なら大丈夫でしょう。

急ぎの充電には向きませんが、手持ちの電源アダプタとバッテリーの容量から制限抵抗値を計算し準備するだけで、半日か1日で充電が可能な簡易充電器は実現します。ハンダゴテなど電子工作の道具が必要になりますが、部品代は ACアダプタの中古品代+数百円程度で済みます。皆さんもいかがでしょうか?。

おことわり
当ページは CSS 対応型式に逐次更新を行っている最中です。ページの体裁が一部、 古いままの記事が残っている箇所がございますので、ご了承願います。

←前のページへ  |  ▲▲トップページへ戻る  |  ▲一覧へ戻る  |  次のページへ→

お問い合わせは、下記アドレスまでメールでどうぞ。Editted by 今石良寛。
★注意★ このページに掲載されている内容の著作権は、ページ作者に帰属します。 許可なく転載または引用することを禁じます。また、このページはリンクフリー です。リンクを張る際の事前連絡と承諾は不必要です。ただし、トップページ以外の ページにリンクを張られた場合、ページの構成変更等でリンク切れとなる場合が ありますのでご注意下さい。