Updated at 1st.Aug.2000


Internet

1.概念図

クレードル経由のインターネット接続イメージ

クレードル経由で、パソコンとCE機が ActiveSync で接続されている間、パソコン側からCE機はアドレス 127.0.0.1 端末として認識できます。パソコンで Black Jumbo Dog (旧WinProxy) などのプロキシサーバーソフトを動かすことで、CE機からパソコンを経由してインターネット接続をすることができるようになります。

2.用意するもの

Black Jumbo Dog(旧WinProxy) - 2000/8/1時点で ver 2.0.3b1が入手できます。機能詳細については、ソフト添付の説明書をご覧下さい。

CEサービスを使用している場合は、ダイヤルアップ接続がうまくいかなくなることがありますので、ActiveSync3.0 日本語版に入れ替えて下さい。

3.設定事項

ここでは Web 閲覧とメールの送受信について書きます。複数メールアカウントや FTP、Telnet などについては、皆さんで研究してください (^^;)。

3.1 パソコン側 BJD の設定

(1) 全般 - 「プロキシサーバーを使用する」にチェック。
(2) ブラウザ - 「クライアントから見たポート」は 8080 に。
WinProxy Setup

(3) 利用者登録 - 名前は任意、アドレス「127.0.0.1」の利用者を追加登録する。
WinProxy Setup

(4) メール - 「メール(SMTP-POP)用のプロキシーを使用する」にチェック、接続しようとするメールサーバーの POP/SMTP サーバ名を指定、ポート番号はデフォルトのままとする。例は私の場合
WinProxy setup

(5) ダイヤルアップ - CE機から接続要求があった場合に、自動でダイヤルアップさせたい場合には、有効にしておく。有効にしておかない場合は、パソコン側であらかじめダイヤルアップ接続をしておく必要がある。設定の詳細は BJD の説明書を参照のこと。

3.2 CE機(例はPresario 213)側の設定

(1) ブラウザソフト - Proxy を使う設定にする。※iBrowserの例
Presario213 iBrowser setup
「192.168.1.100」は、私のパソコンに与えてあるIPアドレス。

※6/26追加。ここに「192.168.55.1」を与えてやると、ローカルLANを組んでいないパソコンの場合でもOKになります。

(2) メールソフト - サーバー名をプロキシサーバーの IP アドレスに差し替える。※QMAIL 1.16 の例。
QMAIL setup
QMAIL setup
「192.168.1.100」は、私のパソコンに与えてあるIPアドレス。
※ダイヤルアップも「しない」に設定しておく。BJDで自動ダイヤルアップをかける場合には、タイムアウトも長めにセットしておく。

※6/26追加。ここに「192.168.55.1」を与えてやると、ローカルLANを組んでいないパソコンの場合でもOKになります。

※重要
パソコン側が IP アドレス固定のLANを構築している場合は、そのパソコンに指定してある IP アドレスでOKです。しかし、LANが無く、インターネット接続時アドレスをプロバイダから随時割り当ててもらっている場合には、割り当てられたIPアドレスを winipcfg や BJD のステータス表示で確認し、
その都度メールソフトの設定をやり直す必要があります。
これは実際にやってみるとかなり面倒です。最近はLANカードも安いので、仮に相手がなくて使わないにしても、パソコン側でLANの設定をし、固定で IP アドレスを与えておいた方がよいかと思います。
6/26取消し

WindowsCE Fan ハード掲示板のこだかさんの発言 を参考にさせていただきました。ありがとうございます。

設定は以上です。パソコンのダイヤルアップ接続が済んだ状態で、CE機から Web閲覧やメール送受信の操作をすると、クレードル経由で接続できるようになります。

4.その他

CE機をクレードルではなくLAN接続している場合も、基本的に同じ手段で対応できます。ただしその場合、CE機のIPアドレスは 127.0.0.1 ではなく、CE機に与えたIPアドレスとなります。また、母艦の Proxy サーバーのアドレスは LAN のものを与えてください。192.168.55.1 は効きません。

ご覧のように、CE機側の設定変更は結構大きく、単独動作に戻すときにも色々といじる個所が増えて大変です。だいたい、パソコンの電源を入れてインターネット接続しているんだったら、何も処理能力の劣るPDAからインターネットを使う必要は無いんで、この方法は「実用的」にはなり得ないかも知れません。ま、こんな方法もあるんだぞ、ってことでご理解下さい。

ここは間違っているぞ、こうしたほうがいいぞってご意見がありましたら、ぜひお寄せ下さい。


CE機の画面のキャプチャには、伊藤栄一郎さんの CaptCE ver0.08 を使用させていただきました。

トップページへ

Posted and Edited by 今石良寛 Yoshihiro Imaishi.
mailto:imaishi@geocities.co.jp


★警告と周知:(1)このホームページに掲載されている記事を、ホームページ作者(今石)及び記事作成者の許可なく、転載・引用することを禁じます。(2)このホームページへリンクを貼る場合は、必ずトップページに対して行って下さい。リンクに際して事前の連絡と承諾は不必要ですが、リンクを張った際にはご一報下さい。ホームページ作者(今石)は、当ホームページへのリンクを拒否する権利を保留します。

★免責事項:(1)このホームページで使用されているGIF画像は、全てGEOCITIESが自動的に付加するものであり、ホームページ作者(今石)の責任範囲外です。これに伴う全ての権利的諸問題について、今石は一切の責任を負わないことを周知します。(2)掲載されている内容は全て、その記事が作成された時点の記事作成者の機器・ソフト環境等に依存したものです。記事内容に街頭しない機種・ソフト環境での動作保証するものではありません。(3)本ホームページに掲載された記事を利用することによる故障・トラブルその他について、ホームページ作者(今石)と記事の作成者は一切の責任を負いません

★その他:(1)MS, Microsoft, ActiveSync,Outlook, Pocket Outlook, Windows,WindowsCEは、米Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。その他、記載されている会社名・製品名は、各社の商標および登録商標です。(2)ちゃんとここまで読んでくれたあなたの几帳面さに、惜しみない拍手をお送りいたします。そのうち拍手の音声データも用意したいと思います(^^)。