Posted at 13th.Feb.2000

この投稿は、32K PIAFS での受信速度について、E-55/ドコモバ2で測定した時のものです。


[HPC-Talk:10259] Re: PHS での体感上の通信速度について
20 Jan 2000 09:52:40 +0900

今石です。

At 2000/01/19 11:39:14 Yoshihiro Imaishi wrote:
> > PHSでの、数値でなく体感上の通信速度を知りたいのです。

体感では何とも言えないので、測定してみました。測定条件などは文末
に書きます。MG2D は MobileGear2 for DoCoMo のことです。

nego receiving/rate total
E-55 + 56K(44K) 33s 161s/23.0Kbps 194s (100%)
E-55 + PHS(32K) 12s 141s/26.3Kbps 153s ( 79%)
E-55 + 611S(32K) 4s 161s/23.0Kbps 165s ( 85%)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
MG2D + 56K(44K) 25s 114s/32.5Kbps 139s (100%)
MG2D + 611S(32K) 4s 156s/23.8Kbps 160s (115%)

結果、E-55 では 56k より 32k PIAFS の方が速く、逆に MG2D では 56k
より 32K PIAFS の方が遅いのです。面白いですよね。これはおそらく、
56k モデムの実現方法として com1 経由を使用したため、機種ごとの com
ポートドライバの性能が影響しているようです。
CF サイズの 56k モデムが使えれば、また違った結果が出ていたような
気がします。

E-55 の場合、受信中の平均速度については、回線速度の差ほどの時間
差はついていません。com ポート経由の 56k が遅かったこともあります
が、MG2D と比較してみれば、E-55 の動作が遅いことも原因でしょう。ま
た同じ 32K PIAFS でも、611S を使った場合より PocketMal 経由の方が
遅いのは、通信経路の違いもありそうですが、内蔵ソフトモデムを使った
分だけ負荷がかかっているのかも知れません。
体感上は、受信メール数のカウントアップ速度に大差がないことになり
ますので、同等と言えると思います。ネゴに時間がかかるだけ 56k の方
が不利ですね。ただし CF サイズの 56k モデムが使えれば結果が違うか
も知れません。使える方の追試を期待します。

MG2D の場合、処理能力が十分あるのでしょう。受信中の平均速度には、
回線速度差とほぼ同じほどの差がつき、32K PIAFS は 56k より4割ほど
遅くなりました。ただし、56k はネゴに時間がかかるため、トータルの通
信時間ではその差は吸収されてしまい、15% 程度の差しかつきませんでし
た。
体感上は、受信メール数のカウントアップ速度が速く出る分だけ、56k
側の方が速いと言えると思います。ただし、ネゴにかかる時間が結構大き
いので、公衆電話から接続している場合にはその恩恵は無さそうですね。

ブラウザのほうは時間がなかったので試しませんでした。またヒマがあ
ればやってみます。

条件
・トラフィックの少ない午前6時前後に測定。
・E-55, MG2 for DoCoMo に QMAIL 1.15 を使用。ダイヤル終了(通話料
金の課金開始)〜ネゴシエーション終了までの秒数を時計で、受信開始
〜切断までの秒数をログの時刻で測定。
・ドリームネットのメールサーバー (pop) に 58 通 378,359 bytes のメ
ッセージを残し、ドリームネットのアクセスポイントから接続、QMAIL
のメールボックスか空の状態で受信させる。1件あたりの平均サイズ
は 6,523bytes。
・56K モデムは US Robotecs の V90 対応 ISA カードモデム。Win98母艦
に装備。E-55/MG2 からはシリアル接続(115k)& comcom 接続で利用。
北九州市内のアクセスポイントに接続。実際の接続時の通信速度を知る
手段がないが、テスト前後に母艦から接続させた際の速度 44k で推定
した。
・PIAFS 32K は、Paldio611S で、福岡市の 64K PIAFS 対応アクセスポイ
ントに 32K 指定で接続。また E-55 については、内蔵ソフトモデム経
由で DDI Pocket の Kyocera PS-T15 電話機を使用し、PocketMAL アク
セスポイントに接続。
・時間がなかったので 64K PIAFS のテストは省略。
・複数回測定して平均を出すべきだが、時間がなかったので省略。
・メッセージ本文とコマンドデータの合計量は 386,159bytes。TCP/IP 等
トランスポート層以下のデータヘッダに +20% 程度の増加があるとして
交換データ量を 463,391bytes と仮定し、受信中の平均速度を算出する。
・ネゴ時間と通信時間との合計を算出し、56K 接続時を 100% とした場合
の 32K PIAFS 接続時の時間を % で表す。

では。


インデックスに戻る。

Posted and Edited by 今石良寛 Yoshihiro Imaishi.
mailto:imaishi@geocities.co.jp