Posted at 21st.May.2000

この投稿は、NEC モバイルギア MC/R510 の消費電流を測定したときのものです。原文は誤字が多かったので訂正してあります(^^;)。


To: hpc-talk@windowsce.or.jp
From: Yoshihiro Imaishi
Subject: [HPC-Talk:11802] MC/R510 の消費電流と持ち時間
Date: 2000/05/20 14:21:15

今石です。いつもの「消費電流ネタ」です (^^;)。

昨日手に入れたモバギ MC/R510(CE2.0) の消費電流を、例の器具を使
って測定してみました。

- - - - -
(1) 満充電状態で AC アダプタからの供給電流を測る。



(2) 満充電状態から、内部電池で、Hum! で MP3 データを連続演奏し、
節電モードで最初の電池残量警告まで→
5 時間 07 分!

(3) 電池警告が出てから、AC アダプタを接続して充電中



(4) サスペンド状態で充電完了まで。

…※(2) が予想外に長かったため、現在まだ実施中。
- - - - -

MG2D値というのは、昨年12月にドコモバ2を 4V 電源で測定した時の
値です。ドコモバ2に比べて R510 は、動作中の平均電流が +40〜80mA
と多いので、単純に言えばそれだけコンスタントに電池から電気を食っ
てしまい、寿命上も不利そうですね。液晶表示を節電モードから高輝度
にすると +150mA と一気に行きます。室内なら節電モードでも十分明る
いので、努めて節電モードにすべきのようです。
内蔵のアナログモデムの消費電流は、意外と少ないですね。ドコモバ
2が 3V 電源で R510 は 7.2V ですから、それを考えると消費している
エネルギーには大差なさそうですが、それにしても 611S 通信時と大差
がないのにはビックリです。内蔵モデムの処理速度等はまだ未検証です
が、これなら、アナログモデムは電気を食うからと、通信用の外部補助
電源の心配をする必要は無さそうです。

驚いたのが MP3 の連続演奏で、
実に 5 時間も連続演奏してくれまし
。仮に内部電池から 265mA ずつ出しているとすれば、使用できる電
池の容量は 1,300mAh 以上と言う計算になります。つまり仮に、節電モ
ードでのメール閲覧やテキスト書き時の平均消費電流が 140mA (高輝度
モードで 290mA) だとすれば、連続して9時間 (4.5時間) 使えるだけ
のバッテリー容量がある、といえます。R510 の説明書では、節電モー
ドで 5 分負荷、55 分待機で 10 時間使える、とありますが、確かに

の言葉通り(それ以上かも?)です

サスペンド時に 10mA ほど食っていますから、満充電状態でも
5日間
ほど放置すると、内蔵電池が空になる
計算です。この点はさすがにドコ
モバ2には及びませんね。バックアップ電池も充電式とのことで、1泊
程度の出張なら AC アダプタ無しでも済みそうですし、レスキュー電池
パックでも十分役立ちそうですが、それ以上の時は
AC アダプタ持参が
必要
ですね。

なお、残量警告が出てから AC アダプタを接続すると、動作電流のほ
かに
充電電流として +300mA ほど消費するようです。結構食うようです
ね。AC アダプタの最大容量が 1000mA と書かれている理由が納得でき
ます。
これで仮に充電終了まで5時間だとすれば、容量は 1,300〜1,400mAh
ってことで、先の計算とも一致します。この 1,300m って数字が、電池
の持ちを計算する時の指標に使えそうです。

私の場合、メールの読み書きが主ですからそこまで長時間使用するこ
とはないですし、幸い AC アダプタも小型軽量なので携帯に困りません。
しかし、せいぜい3時間持つ程度かと思っていた MP3 演奏が5時間も
持ったことで、
電池の持ちについては大満足です!。
ドコモバ2に比べて高速で、画面も見やすくてしかもカラー、陽光の
下で画面が見えない難点と、毎日 AC アダプタに接続する手間を差し引
いても、ドコモバ2から乗り換え無い理由は何もないですね (^^)。
こりゃあ、いい買い物をしました ! v(^^)。

次に、外部電源を自作する時の参考のために、AC アダプタの電圧特
性についても測定しました。

- - - -
ACアダプタ MC-BA6 の出力電圧特性

- - - -

ご覧の通りで、ほぼ
完全に定電圧化されており、充電制御回路は R510
本体側に備えてあると推測できます。もし外部電源を自作する場合は、
9V を安定化して供給する電源であれば良い、と言うことになります。
ただし、問題なのは充電電流ですね。以前ペルソナの試算をした時
(今年2月 ML-#10582)も、電池の大きさを想定するのにそこがネッ
クになりましたが、充電動作中だと最大で 700mA 近い電流を出力でき
る電源が必要だってことです。これでは
単1の乾電池でもちょっと重
です。外出用の外部電源を検討するのであれば、乾電池ではなく鉛
シール電池など、容量は少ないが出せる電流が大きいものを利用する
方向にすべきですね。

離島に行くときは、自動車やソーラー発電システムで使われる 12V
の自動車用バッテリーから電気を取れるよう、1〜2A 容量の 12V→9V
レギュレーターを自作して持参するのが吉のようです (^^;)。

<中略>

※補足
*1 OMRON LAN&MODEM 複合カード ME3314LC-D (WinCE非対応品)
*2 Xircom Compactcard Ethernet 10 で母艦と pear to pear

QMAIL2 テスト中 on
Win98, E-55 and MG2 for DoCoMo
- - - - - - - - - - - - - - -
Yoshihiro Imaishi 今石良寛
mailto:imaishi@aa.mbn.or.jp
- - - - - - - - - - - - - - -
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley/4703


インデックスに戻る。

Posted and Edited by 今石良寛 Yoshihiro Imaishi.
mailto:imaishi@geocities.co.jp