Updated at 28th. May. 2001


QMAIL2 on PsPC

QMAIL2は、WindowsCE/95/98/Me/2000/NT の全 Win 環境で共通の操作性を実現するメールクライアントです。一年半近くアルファテストが続いていましたが、2001年3月26にようやく正式版 2.0.0 が公開されました。パームサイズのCE機には非対応ですが、動作しない訳ではありません。手持ちの E-55(モノクロ)/Presario210(カラー) を使ってQMAIL2を動かしてみます。

※この記事では、Windows9x/NTまたはWindowsCE HPC機で、既にQMAILおよびQMAIL2を動かすことの出来ている方を対象に記述します。QMAIL/QMAIL2に全く触れたことのない方は、まずそちらを動作できるようにしてから、こちらをご覧下さい。

QMAIL2 ver 1.9.36 on PsPC
2001年5月26日現在、version 2.0.4 が公開されています。

※実験に使用するQMAIL2は、日本語版HPC2.0/HPC2.11用として公開されているものです。
実験では主に 2.0 用を使っていますが、2.11用でもほぼ同等の結果となります。
白黒のものは E-55 の画面、カラーのものは Presario210 の画面です。

1.画面 - 2panesの動作 Preview表示なし画面です。
2.画面 - 3panesの動作 Previewを表示させると…あら大変。
3.画面 - メッセージビュー メッセージビューの表示はこうなります。
4.画面 - アドレス帳 アドレス帳の表示はこうなります。
5.画面 - メール作成と編集 メールを書くときはこんな風になります。
6.画面 - 接続動作と送受信 接続して送受信するときはこんな感じです。
7.画面 - はみ出る画面 HPC用に設計されたソフトをPsPC画面で動かしたものだから…。
8.設定ファイルの例 PsPC向けにカスタマイズした設定ファイルの例です。
※ver 1.9.31 以降、設定UIのサポートが開始されています。
9.mailboxの共有方法 ProfileName機能を使うと、自宅のパソコン、HPC、PsPC、
会社のパソコンの全部から同じ1つのmboxを共用することができます。
10.その他の注意事項 実験していて気づいたこと、トラブル、その他。
11.画面 - 既知の問題点 Known Bugs. いずれそのうち直るでしょう。

CE機の画面のキャプチャには、伊藤栄一郎さんの CaptCE ver0.08 を使用させていただきました。

ホームページに戻る。

Posted and Edited by 今石良寛 Yoshihiro Imaishi.
mailto:imaishi@geocities.co.jp


★警告と周知:(1)このホームページに掲載されている記事を、ホームページ作者(今石)及び記事作成者の許可なく、転載・引用することを禁じます。(2)このホームページへリンクを貼る場合は、必ずトップページに対して行って下さい。リンクに際して事前の連絡と承諾は不必要ですが、リンクを張った際にはご一報下さい。ホームページ作者(今石)は、当ホームページへのリンクを拒否する権利を保留します。

★免責事項:(1)このホームページで使用されているGIF画像は、全てGEOCITIESが自動的に付加するものであり、ホームページ作者(今石)の責任範囲外です。これに伴う全ての権利的諸問題について、今石は一切の責任を負わないことを周知します。(2)掲載されている内容は全て、その記事が作成された時点の記事作成者の機器・ソフト環境等に依存したものです。記事内容に街頭しない機種・ソフト環境での動作保証するものではありません。(3)本ホームページに掲載された記事を利用することによる故障・トラブルその他について、ホームページ作者(今石)と記事の作成者は一切の責任を負いません

★その他:(1)MS, Microsoft, ActiveSync,Outlook, Pocket Outlook, Windows,WindowsCEは、米Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。その他、記載されている会社名・製品名は、各社の商標および登録商標です。(2)ちゃんとここまで読んでくれたあなたの几帳面さに、惜しみない拍手をお送りいたします。そのうち拍手の音声データも用意したいと思います(^^)。