Posted at 13rd.May.2000

この投稿は、英語版のカシオE-100用に米Microsoftが公開した WindowsMedia Player for PocketPC を E-55に導入し、いろいろなレートと形式の wma データを作成して、どの形式が演奏可能かどうかを調べたときのものです。


To: pspc-ml
From: Yoshihiro Imaishi
Subject: [PsPC-Talk:04653] Playable data on WMP-PPC
Date: 2000/03/06 01:07:46

今石です。

wince.ne.jp 掲示板で勧められた WMA-station を使って、低レート
の wma データをいくつか作ることができましたので、報告です。

まず、ステレオとモノラルですが、同一レート・サンプリング周波数
の場合、ステレオもモノラルもファイルサイズに変化が殆どありません]
でした。

例:「神々の詩」
16kbps 16KHz monoral - 427KB
16kbps 16KHz stereo - 423KB
32kbps 32KHz monoral - 839KB
32kbps 32KHz stereo - 839KB

MP3 の場合と違って、wma では左右の音声分離には特殊な方法が使わ
れているのかも知れませんね。いずれにしても、これではわざわざモノ
ラルにしてもファイル容量は節約できそうにありません。

※編集時注:考えて見れば、レートが同じなんですから大きさが同じになるのも当たり前。

次に、どれだけ低レートのデータが作れて、演奏できるかのテストで
す。WMA Station で選択できた下記のパラメーターで試しました。なお
母艦上の winamp では、全データとも演奏できます。表は等幅フォント
で見てください。

(1) monoral data on WindowsMediaPlayer for PPC on E-55

(2) stereo data on WindowsMediaPlayer for PPC on E-55

○:演奏可能
×:演奏不可能
--:データが作成できない(選択肢にない)
?:選択してもエラーは出ないが、演奏せずすぐに次の曲に飛ぶ。

ご覧の通りで、ファイル容量を節約しようとがんばった低レートのデ
ータは全滅でした (T_T;)。せっかく作っても WMP/PPC で演奏できない
のでは無意味です。
と言う訳で、
大人しく WindowsMedia Manager で作れる 32kbps 22KHz
stereo を使っておくのが吉
のようです。

ちなみに、8〜16kbps あたりのデータを母艦で演奏しましたが、さす
がにこのあたりだと音質はかなり悪化します。が、8kbps 11KHz monoral
でも、32kbps の MP3 程度の音質があるのには驚きで、MP3 が途端に、
ひどく時代遅れに感じてきました (^^;)。

では。

QMAIL2 テスト中 on
Win98, E-55 and MG2 for DoCoMo
- - - - - - - - - - - - - - -
Yoshihiro Imaishi 今石良寛
mailto:imaishi@aa.mbn.or.jp
- - - - - - - - - - - - - - -
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley/4703


インデックスに戻る。

Posted and Edited by 今石良寛 Yoshihiro Imaishi.
mailto:imaishi@geocities.co.jp