Posted at 14th.May.2000


標準ダイアログが探す範囲の問題

PsPCに搭載されているWindowsCEは、標準のファイル検索機能が、My Documents フォルダとその1階層下のフォルダのみしか効かない仕様になっています。このため、QMAIL2 を使用する場合、.serverinfo が格納されるアカウント毎フォルダが My Documents フォルダより2階層下になってしまい、エディタ等からサーチして修正することが困難になります。

対応策としては、

  1. QMAIL2 の mailbox を \My Documents そのものにする。

  2. .serverinfo や .signature と言った拡張子を特定のテキストエディタに関連付けしておき、修正する場合はエクスプローラーからダブルタップで起動する。

  3. 修正の都度、My Documents にコピーしてくる。

等がありますが、個人的には 2. がベストかと… (^^;)。

電池で駆動されていることを忘れずに

11/19の朝、いつものようにICカード公衆電話からメールを落として閲覧し、QMAIL2 を終了させた途端、電源が落ちてしまいました。慌てて電源を入れようとしても反応が無いので、電池切れのためでしょう。すぐに電池を交換して起動しなおしたのですが…メインに使っているアカウントのメールが、無くなってしまいました (ToT)
後からメールボックスの入っている CFを母艦で見たのですが、そのアカウントの msg.box その他はちゃんと残っているのですが、QMAIL2 が認識してくれなくなっていました。たぶん、QMAIL2 の終了時に変更内容を
msg.box に書きこむ途中で、電源がおちてしまったため、中身が破損してしまったのでしょう。他のアカウントは無事(ただし更新前の情報)でしたから、たまたま電源が落ちた時に処理していたアカウントのみパアになったのだと思います。後から msg.box を import しなおしてみましたが、残念ながら一部破損していました
この時は幸い、11/18深夜に母艦でとっておいた
バックアップがあり、バックアップした後の分のメールについては pop サーバー上に残しておきましたので、帰宅してからバックアップ内容を CF に戻して、再度受信させることで、事無きを得ましたが…。バックアップが無ければどうなったことやら。
私はE-55に単4型のニッケル水素充電池を入れて使っています。普通にアルカリ電池を使っていれば、消耗直前の電圧の落ち方が急ではないので、今回のように処理中に電源がいきなり落ちてしまう危険性は少ないと思います。しかし
ニッケル水素電池は、容量を使い切る直前まで端子電圧が降下せず、切れるといきなりストンと電圧が落ちてしまう性質がありますので、警報が出ないか、あるいは出てもその数秒後に有無を言わさず電源が落ちてしまうことがありますから、どうしようもありません。一応、単3電池ボックスを利用した外部電源を持ち歩いてはいるのですが、普段からつないでおく訳にもいきませんしね。

そんな訳で、充電池で PsPC を使われているみなさん、メールボックスのバックアップはこまめに取りましょう!


QMAIL2 on PsPC インデックスに戻る。

Posted and Edited by 今石良寛 Yoshihiro Imaishi.
mailto:imaishi@geocities.co.jp


★警告と周知:(1)このホームページに掲載されている記事を、ホームページ作者(今石)及び記事作成者の許可なく、転載・引用することを禁じます。(2)このホームページへリンクを貼る場合は、必ずトップページに対して行って下さい。リンクに際して事前の連絡と承諾は不必要ですが、リンクを張った際にはご一報下さい。ホームページ作者(今石)は、当ホームページへのリンクを拒否する権利を保留します。

★免責事項:(1)このホームページで使用されているGIF画像は、全てGEOCITIESが自動的に付加するものであり、ホームページ作者(今石)の責任範囲外です。これに伴う全ての権利的諸問題について、今石は一切の責任を負わないことを周知します。(2)掲載されている内容は全て、その記事が作成された時点の記事作成者の機器・ソフト環境等に依存したものです。記事内容に街頭しない機種・ソフト環境での動作保証するものではありません。(3)本ホームページに掲載された記事を利用することによる故障・トラブルその他について、ホームページ作者(今石)と記事の作成者は一切の責任を負いません

★その他:(1)MS, Microsoft, ActiveSync,Outlook, Pocket Outlook, Windows,WindowsCEは、米Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。その他、記載されている会社名・製品名は、各社の商標および登録商標です。(2)ちゃんとここまで読んでくれたあなたの几帳面さに、惜しみない拍手をお送りいたします。そのうち拍手の音声データも用意したいと思います(^^)。