Last Updated : 2001/11/01


AO-40 で聞いた(見た?)SSTV 画像

アマチュア無線メニューへ戻る

2001/8/1 on orbit#347

21:13 JST MA=28.9 @ 28,950km

2401.348MHz 付近をワッチして、JH2ESW-JH0TOG 局の交信で SSTV 信号が聞こえたので、急遽 MMSSTV を起動して、SSTV の画像を受信してみました。まだ使い方が良くわかっていないソフトで、どうすればいいのか受信しながら悩みましたが、何とかこういう画像が得られました。

記念すべき「初」SSTV画像の受信です (^ ^)。なお、使用した受信機材は、80cm Dish にチーズ缶 2.75 ターン LHCP ヘリカル、JI5MFZ 式改造を施した 2880、5C-2V 20m、BS 用2分配器経由で IC-821 です。Sメータは3つ程でした(その時ビーコンはS9)。

22:33 JST MA=46.9 @ 40,490km

入浴の後、ダウンリンクのサーチを開始すると、JH2ESW 局の「CQ SSTV」がかなり強く聞こえました。で、画像の送信をうまく MMSSTV で捉えることに成功、それがこの画像です。

かなり受信状態は良かったのですが、使っているパソコンのサウンド回路があまり良好ではないようで、結構なシマ模様入りになりました。このパソコン(拡張スロットなしのブックタイプ)は AO40RCV で使ってもデコード率の悪いものなので、まあ仕方ないのかも知れません。

22:39 JST MA=48.0 @ 41,120km

こちらはまだ送信回路が無いため SSTV での応答はできません。とりあえず SSB で応答して 534 のレポートを送りました。で、この画像はそれに対する応答でいただいたものです。送信開始からうまく同期が取れたので画面全部が受信できました。このあたりで何となく MMSSTV の操作がわかってきました。

22:42 JST MA=49.2 @ 41,500km

更に、現在使用されているアンテナの画像も送っていただきました。これは最初の部分で同期に失敗したため、上半分が切れてしまいましたが、肝心のアンテナは綺麗に写っています (^ ^)。BBQ グリルタイプの Dish と 435MHz のクロス八木のようですね。

で、22:35〜22:45 の QSO は無事終了。今回は 1way でしたが、近日中に何とかして送信もできるようにしたいと思います。

2001/8/14 on orbit#363

19:43 JST MA=92.7 @57,440km

せっかく S1 帯の送信テストが始まって、非常に良好なダウンリンクが得られるようになったと言うのに、SSTV の受信を一度もやらないまま、8/13 に S1 送信機が故障で沈黙!。後悔先に立たずと言いますが、何でもできるうちにやんないとダメですね。

と言うわけで S2 での運用に戻った初日に、JH2ESW 局の SSTV の CQ を受信した画像です。アンテナは 8/1 と同じものなのですが、プリアンプ付きにしたことで画質がかなり向上しました。もっとも、姿勢の改善の影響の方が大きいのかも知れませんが…。

2001/8/21 on orbit#372

21:48 JST MA=67.2 @ 49,410Km

とりあえず作ったチーズ缶フィードから、少しまじめに作ったヘリカルフィード2号機に交換して最初のパスでした。プリアンプを給電点のすぐ脇に置いたことが幸いしてか、あるいは単に姿勢がよかっただけか?、丁度 JH1NPQ〜JA5CU 局間の QSO が終わりかけていたところをワッチして、JA5CU 局からのファイナル画像を、非常にクリアに受信することができました。

21:54 JST MA=68.5 @ 49,880Km

そのままワッチを続けましたところ、JE2VVN 局から JH1NPQ 局への呼び出しがあり、SSTV の画像交換が始まりました。これは JE2VVN 局の 1.2m Dish でしょうか。屋外に置くとそうでもないような大きさでも、室内にあるとバカでかいですよね。うちの 80cm Dish もそうですから…。

21:54z JST MA=68.5 @ 49,880Km

レポート交換画面ですね。MMSSTV は、画面の一部に受信した画像を小さく貼り込む機能があるようで、さすが SSTV 用ソフトです。私も早く送信できるようにならなくては…。

21:57 JST MA=69.2 @ 50,130Km

こたらは JH1NPQ 局からのレポート送信の画面ですね。ご立派なシャック、うらやましい (^ ^;)。

21:57 JST MA=69.2 @ 50,130Km

JH1NPQ 局からのファイナルの画面です。1m くらいの Dish をベランダに配置しての運用ですね。

22:17 JST MA=73.7 @ 51,720Km

こちらはちょっと時間が経過して後で、ダウンリンク帯を探索中に受信した画像です。JH1NPQ 局に向けて JH2ESW 局からレポートが送られています。8/1 の画像に比べるとかなり鮮明になりました。やはり、低 NF のプリアンプの効果は抜群です。

多少、画面がザラついているように見えるのは、MMSSTV で受信に使ったブックパソコンのサウンド機能があまり良くないからだと思います。このパソコンは AO40RCV のデコード率もあまり良くないんですよね。できれば AO-40 のテレメトリ受信に使っているタワー型パソコンの方を使ってみたいのですが、何しろ AO-40 運用中は、そのパソコンでテレメトリを受信しないといけませんので…。

22:22 JST MA=74.8 @ 52,070Km

最初の同期開始に失敗したため頭が切れてしまいましたが、JH2ESW 局から2枚目の画像送信です。マスプロのオスカーハンターのブームの途中に、おそらくマキ電機の57エレループと思われる 2400MHz のアンテナが見えます。8/1 の画像では 2400MHz はグリタイプの BBQ でしたが、今はこちらなのでしょうか?。五島さんはこのようなアンテナで SSTV に QRV されているんですね。

2001/10/28 on orbit#457

16:55 JST MA=105.7 @ 58,750Km

ひさしぶりに SSTV 信号を受信しました。ポーラーマウントの実験中、かなり良好に SSTV 信号が聞こえたので、急遽 MMSSTV を軌道して受信したものです。

早くケーブルを作って、自分でも QRV できるようにならなければ…。

2001/10/31 on orbit#461

21:55 JST MA=114 @ 62,000Km

ウィンドゥ内に欧米が無いと、U-AGC 値も低く、バンドの雰囲気ものんびりしています。色々と用事があったので、シャックの机上でこなしながら、片手間に AO-40 を受信し、SSTV 信号を受信してみました。

   

 


by Yoshihiro Imaishi JF6BCC/KH2GR
mailto:jf6bcc@jarl.com

アマチュア無線メニューへ戻る

★警告と周知:(1)このホームページに掲載されている記事を、ホームページ作者及び記事作成者の許可なく、転載・引用することを禁じます。(2)このホームページへリンクを貼る場合、事前の連絡と承諾は不必要ですが、リンクを張った際にはご一報下さい。ホームページ作者は、当ホームページへのリンクを拒否する権利を保留します。

★免責事項:(1)このホームページで使用されているGIF画像は、ホームページスペースの運営会社が自動的に付加するものを除き、米ユニシス社のライセンスを受けた Microsift Paint によって作成されたものです。ホームページスペースの運営会社が自動的に付加する画像データについては、このホームページ作者の責任範囲外であり、これに伴う全ての権利的諸問題について一切の責任を負わないことを周知します。(2)掲載されている内容は全て、その記事が作成された時点の記事作成者の機器・ソフト環境等に依存したものです。記事内容に街頭しない機種・ソフト環境での動作保証するものではありません。(3)本ホームページに掲載された記事を利用することによる故障・トラブルその他について、ホームページ作者と記事の作成者は一切の責任を負いません

★その他:(1)MS, Microsoft, ActiveSync,Outlook, Pocket Outlook, Windows,WindowsCEは、米Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。その他、記載されている会社名・製品名は、各社の商標および登録商標です。