Updated 24th.April. 2001

R0MIR - Silent Key
「ミールを悼む」 by Miles Mann WF1F / JF6BCC訳

アマチュア無線メニューへ戻る

この記事は、JAMSAT-bb に 2001/3/23 に投稿された "R0MIR-Silent Key" の記事を邦訳したものです。


> From: Farrell Winder
> Subject: [amsat-bb] R0MIR -- Silent Key
> Date: 2001/03/23 22:56:30
「ミールを悼む」
<snip>
> By Miles Mann WF1F,
> MAREX-NA (Manned Amateur Radio Experiment, North American Division)

> Who will push the Button?
誰が最後のボタンを押すのか?。

> I spoke with the engineers at Russians Mission control yesterday about the end of Mir.
私は昨日、ロシア宇宙管制センターのエンジニアとミールの最後について話をしました。

> Tomorrow morning around 8am Moscow time (06:00 UTC) many of the engineers and cosmonauts who were responsible for Mir will gather in Mission control to bid farewell to a fine space station.
明日朝、モスクワ時間で午前8時 (06:00z) 頃、ミールにかかわりのある多くのエンジニアと宇宙飛行士が、ミールに別れを告げるためにモスクワの管制室に集まるでしょう。

> Cosmonaut Vladimir Solovyov, who was a flight engineer on the very first Mir mission (March 13, 1986) will also be present. Solovyov, who helped bring Mir alive in 1986, will be responsible for bringing the Mir project to an end.
1986年3月13日の最初のミール計画のフライト・エンジニアであった、ウラジミル・ソロホフ飛行士も出席するでしょう。1986年のミールの軌道投入に貢献したソロホフ飛行士は、ミールの破棄処分についても責任を負うこ
とになります。

> At approximately 06:00 UTC Vladimir Solovyov will issue the command to fire the Mir engines for one last time. Then approximately 30-45 minutes later, Mir will splash down Pacific Ocean.
およそ 06:00z に、ウラジミル・ソロホフ飛行士はミールの減速ロケットの最終点火コマンドを発行する予定です。そのおよそ30〜40分間後、ミールは太平洋に墜落するでしょう。

> The chief of the Amateur Radio Cosmonaut Department, Sergej Samburov said, "I have been working on Mir for 20 years, most of my life. It's like loosing a close relative." Samburov is responsible for approving all of the amateur radio experiments on Mir and for several other Russian launched Amateur Radio projects.
アマチュア無線飛行士部門のチーフ、セルゲイ・サンビュロフは「人生の殆どとも言える20年以上も、私はミールと関わって仕事をしてきた。これは家族を失うようなものだ」と述べました。サンビュロフは、ミール上での全てのアマチュア無線実験や、他のロシアのアマチュア衛星プロジェクトの管理責任者です。

> MAREX Projects Light up the sky's over FIJI
> Mir's Retirement date adjusted to March 23, approximately 0620 UTC.
MAREX プロジェクトはフィジーの空に注目!ミールの再突入は3/23のおよそ06:20zに変更。

> I saw some video today taken from FIJI. It shows Mir streaking across the sky. And inside the glowing streaks are parts of the three MAREX projects.
私は今日、フィジーで撮影されたいくつかのビデオを観ました。そこにはミールが空を疾走する姿が映っていました。幾筋ものその中には、MAREXプロジェクトの機材も含まれているのです。

> Amateur Radio stations living along the Pacific Rim, will be able tobounce radio signals off the Ion trail of the Mir station and may be able to have a few minutes of "meteor bounce" propagation. In that trail of Ions will not only be tons of expensive test equipment but it will also include several amateur radio projects, including:
太平洋地域のアマ無線家は、ミールの航跡に発生する電離帯による散乱通信を数分間程度行うことができるでしょう。この航跡に発生する電離帯はミールの実験用機材ばかりでなく、以下のアマチュア無線機器によっても発生するのです。

Icom 228h 2-meter transceiver (SAFEX project)
Icom 70cm Repeater (SAFEX II)
Kenwood TM-733 dual band transceiver (SAFEX project)
Kenwood TM-V7A dual band transceiver (Marex SSTV system)
Kantronics KPC-9612 TNC (Marex Email system)
PacCom TNC (MIREX project)
And the first joint project between MIREX/MAREX/SAREX/ARRL/AMSAT was the DCI RF Filter project.

> When Mir goes, I will be sad. She served us well during her historic 15 year Mission. The Mir Station reminds me a little of the fictional
> TV series, Star Trek.
ミールとの別れはとても悲しいものです。彼女(ミール)はこの15年間のプロジェクトの間、我々によく尽くしてくれました。ミールは、かつてのSFテレビシリーズ「スター・トレック」を思い出させます。

> Mir boldly went where no one has gone before and paved the way for her little child, Space Station Alpha. Do you remember Start Trek 3, In search of Spok? At the end of the Movie, we all shed a tear, when the Enterprise NCC-1701 burnt up in the atmosphere of the Genesis planet. So too will Mir bun up as she head for her splash down in the pacific.
ミールは前人未到の世界に赴き、彼女の後継者となる「スペース・ステーション・アルファ」への道筋を示しました。スタートレック3のスポック探検を憶えていますか?。その最後でエンタープライズ NCC-1701 が惑星ジェネシスへ墜落し燃え上がった時、我々は皆、涙したことでしょう。ミールが太平洋に消えて行く時にも、我々は同じく涙することでしょう。

> Long Time Visitor:
長期滞在者

> As Mir made here fiery end, many people watched the sky, including her longest visitor, Sergei Avdeyev. Sergej lived on Mir for almost 2 years and currently holds the word record to total time in Space. Sergej will be in the South Pacific sky watching. Serge was also a very active Amateur Radio operator on Mir and sent us many great SSTV images.
炎の中のミールの最後に際して、大空を見上げる人たちの中に、ミールにもっとも長期間滞在した飛行士、セルゲイ・アベディエフが居ました。セルゲイはおよそ2年もの間ミールに滞在し、今も宇宙空間への滞在記録を保持しています。セルゲイは南太平洋で空を見上げているでしょう。セルゲイはまた、ミールから非常にアクティブにアマ無線を運用し、非常にすばらしい SSTV 画像を多数送ってくれたのです。

> ISS Crew Bids Farwell:
ISS乗組員も別れを告げる

> There will be a ceremony on ISS honoring Mir when she is retired. The at 06:34 the ISS will be passing over the same area of the south pacific, just as Mir will be heading for the ocean.
ISS上ではミールの引退を記念する式典が開かれます。6:34Z にISSは、ミールの落下予定地点である太平洋地域上空を通過するのです。

> The ISS crew may even be able to see the glow of the Mir station. The people on the ground looking for Mir should also look up to the south and be happy, because the shining dot in the sky heading east is the child of Mir.
ISS乗組員はミールの最後の輝きを見ることができるかも知れません。空高く東に向かう光点が、ミールの子(ISS)であり、地上でミールを見上げている人々は南の空を探すべきでしょう。

> Mir's Daughter Alpha is flying high and proud, continuing in her mother's footsteps.
ミールの娘であるアルファ(ISS)は、母親の跡を継ぎ誇らしく飛翔し続けています。

> Daughter of Mir:
> ISS (ZARYA)
ミールの子、ISS(ZARYA) の軌道要素

1 25544U 98067A 01081.21693648 .00031287 00000-0 37706-3 0 7871
2 25544 51.5698 167.1633 0008461 199.3076 267.2921 15.60464118133492

> Taco Bell:
タコベル(注:アメリカのファーストフードチェーン)

> A fast food company, Taco Bell is having a Hit me contest with Mir. If parts of Mir hit a 40 x 40-foot target floating in the ocean, Taco Bell will pass out free tacos. I wonder if they will give Marex any extra Tacos, if the parts turn out to be from any of our Amateur Radio projects on Mir?
ファーストフード会社のタコベルはミールをネタにしたコンテストを実施中です。海面に浮かぶ 40 フィート四方の「的」にもしミールの破片がヒットしたら、無料のタコスを提供するそうです。もしその破片がミールのアマ無線プロジェクトのものだった場合に、MAREX がタコスを貰えるといいんですけど?。

> Post Card from Space:
宇宙からの絵葉書

> Amateur Radio operators frequently exchange postcards between radio stations to confirm the 2-way radio contact. These post cards are often called QSL cards. I received a very special QSL card, which came directly from the Russian Space Station Mir.
アマ無線では通常、無線交信を証明するハガキを交換します。これはしばしば QSL カードと呼ばれます。私はロシアの宇宙ステーション「ミール」からこの特別な QSL カートを貰いました。

> In 1999, on of my QSL cards flew into space on a Progress cargo rocket. The three Mir crew members then signed the WF1F QSL card and placed ink post-mark stamps on the back of the card, indicating the card was actually on the Russian Space Station Mir. One of the stamps has the date August 28, 1999, which is the date the Mir crew undocked and left the Space Station and came home to Earth. The card spent over a month in space (over 39 days) and traveled around the world 585 times (over 21 million miles in space).
1999年、私の QSL カードはプログレス貨物ロケットに積まれて打ち上げられました。その後、3人のミール乗組員が WF1F のカードに署名をし、そのカードが確かにミール上にあった事を示すスタンプが背面に付けられたものです。そのうち1つは、乗組員が宇宙ステーションを離れ地球に帰還した 1999 年 8 月 28 日の日付になっています。このカードは1ヶ月(39日以上) もミールに滞在し地球を 585 周 (2,100万マイルもの距離)も旅したことになります。

> The QSL card was signed by:
> French cosmonaut Jean-Pierre Heignere
> Russian Cosmonaut Viktor Afanasyev
> Russian Cosmonaut Sergei Avdeyev.
カードにある署名。
フランスの宇宙飛行士、ジャン・ピエール・エアグネル
ロシアの宇宙飛行士、ビクトル・アファナスシエフ
ロシアの宇宙飛行士、セルゲイ・アブデイエフ

> I would like to thank all of the Mir crew Sergej Avdeyev, Viktro Afanasyev and Jean-Pierre and the engineers at Energia including Sergej Samburov for making it possible for me to receive this once in a life time gift. I am very please and proud to have been a part of the successful and valuable Russian Space Amateur Radio program.
> G. Miles Mann WF1F
私は、ミールの乗組員であるセルゲイ・アブデイエフ、ビクトル・アファナスシエフ、そしてジャン・ピエールと、セルゲイ・サンビュロフを含むロケット・エネルギアの機関士の皆さんに、生涯の贈り物となったこのカードを私の手元に届けてくれたことに感謝したいと思います。私は非常に喜ばしく、また、素晴らしいロシアのアマチュア宇宙通信計画の成功の一翼を担えたことを誇りに思います。
G. Miles Mann WF1F

> From Farrell Winder W8ZCF
W8ZCF Farrel Winder から

> The Mir Space Station with its re-entry plunge to Earth has taken with it several historical Amateur Radio Systems. Among these is the SSTV package developed specifically for Mir by the MAREX-NA group. Using the SSTV setup the Mir crews sent thousands of exciting "live" pictures to Earth. Dr. Don Miller received one of the 1st images, W9NTP, also one of the developers of the Mir System. This picture was received on December 12, 1998 and is shown on the following web page: (This picture is of Comdr. Gennady Padalka with the SSTV System) (pictures are on WEB) http://www.marex-na.org
宇宙ステーション「ミール」は、船内にある歴史的なアマチュア無線システムとともに再突入に向かっています。この中には、MAREX-NA グループによりミール用に開発された SSTV システムが含まれています。ミールの乗組員は非常に多くの「ライブ」画像をこのシステムにより送ってくれました。この最初の画像を受け取ったドン・ミラー博士 W9NTP は、ミール用システムの開発者の一人でもあります。この画像は 1998 年 12 月 12日に受信され、下記の Web ページで参照することができます。(この画像はジェナディ・パダルカ中佐と SSTV システムです)

> Gerald Klatzko received one of the last known pictures from Mir, ZS6BTD on April 23, 2000 and is also shown on the above URL. (Alex Kaleri, U8MIR is shown at his workstation) From Mir's pictures much was learned about the world renowned Mir Space Station which spent more that 15 years in outer space. The Mir pictures also included many spectacular scenes of Earth.
ジェラルド・クラツコ ZS6BTD は、2000 年 4 月 23 日にミールからの最後の画像を受信しました。画像は同様に上記の Web サイトで参照できます。(アレックス・カレリ U8MIR が彼の作業台で映っています)ミールからの画像により、15年の間外宇宙に在った世界的に有名なミールの世界について多くのことを知ることができました。ミールからの画像は多数の地球の壮観な画像もありました。

> Realizing that there cannot be any more pictures from Mir is very saddening, but we all can look forward to new exciting pictures from the International Space Station ( ISS) via SpaceCam1 which is described in The above URL.
ミールから新たな画像が届けられることがもはや無いことは、非常に悲しいことです。しかし、我々は国際宇宙ステーションISSからの、SpaceCam1による新しい画像を期待することができます。このシステムについても前述の Web サイトで参照できます。

New MAREX Web pages:
Check out our future ISS Projects and a large list if Mir related links
www.marex-na.org

> Copyright 2001 Miles Mann, All Rights Reserved. This document may be freely distributed via the following means - Email (including listservers), Usenet, and World-Wide-Web. It may not be reproduced for profit including, but not limited to, CD ROMs, books, and/or other commercial outlets without prior written consent from the author.
(c)2001 Miles Mann, 著作権は保護されています。この文書は、以下の手段 - リストサーバを含む電子メール、Usenet、WWW -により自由に配布することができます。営利目的で CD-ROM、書籍やその他の媒体へ転載することは、著作者の許可が必要です。

> Until we meet again
> DOSVIDANIYA Miles WF1F
ふたたび合う日まで。ダスヴィダーニャ(さようなら)、ミール。


アマチュア無線メニューへ戻る

Posted and Edited by JF6BCC 今石良寛 Yoshihiro Imaishi.
imaishi@aa.mbn.or.jp


★警告と周知:(1)このホームページに掲載されている記事を、ホームページ作者及び記事作成者の許可なく、転載・引用することを禁じます。(2)このホームページへリンクを貼る場合、事前の連絡と承諾は不必要ですが、リンクを張った際にはご一報下さい。ホームページ作者は、当ホームページへのリンクを拒否する権利を保留します。

★免責事項:(1)このホームページで使用されているGIF画像は、ホームページスペースの運営会社が自動的に付加するものを除き、米ユニシス社のライセンスを受けた Microsift Paint によって作成されたものです。ホームページスペースの運営会社が自動的に付加する画像データについては、このホームページ作者の責任範囲外であり、これに伴う全ての権利的諸問題について一切の責任を負わないことを周知します。(2)掲載されている内容は全て、その記事が作成された時点の記事作成者の機器・ソフト環境等に依存したものです。記事内容に街頭しない機種・ソフト環境での動作保証するものではありません。(3)本ホームページに掲載された記事を利用することによる故障・トラブルその他について、ホームページ作者と記事の作成者は一切の責任を負いません

★その他:(1)MS, Microsoft, ActiveSync,Outlook, Pocket Outlook, Windows,WindowsCEは、米Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。その他、記載されている会社名・製品名は、各社の商標および登録商標です。