Updated : 2002/11/23

W6FOG/6Y5 迎撃移動@福岡県行橋市
2002/11/23

アマチュア無線メニューへ戻る


1.移動運用に至る経緯

移動場所の地図北米カリブ海に浮かぶ島、ジャマイカ島 (6Y)、ここに 2002年11月第4週末 (23〜24) の CQ WW CW コンテストへ参加する目的で移動する Team Vertical のペディションチームが、AO-40 衛星にも出る、とのニュースK2KW Kenny から貰ったのは、10月22日のことでした。すぐに、移動運用の期間 (11/16〜25) の間、福岡 (PM53) とジャマイカ (FK18) との共通ウィンドゥを計算したところ、このような結果となりました。

JST 開始(MA)   終了(MA) 評価 備考
19(火) 15:12 (93) 15:47 (101) 平日なんだよね…
20(水) 16:47 (180) 17:22 (188) × トラポン off
23(土祝) 15:00 (97) 15:35 (105) 週末!
24(日) 16:36 (184) 17:11 (191) × トラポン off

たった2回しかチャンスがなく、しかもそのうち1回は平日の昼…。会社を仮病で休みたいくらいでしたが、仕事が押していてなかなかそういう訳にもいきません。残念ながら 11/19 のチャンスはむなしく過ぎ、Kenny から交信局レポートが届きました。

ううっ、絶対、最後の 11/23 午後のパスには QRV を…。

ただ、うちの自宅からだと、AO-40 の AOS 時の方位 105 度方向には 600m 級の山があって、仰角4度以下だと受信できないんですね。が、仰角4度に上がるまで待っていては、ジャマイカ側で AO-40 が沈んでしまいます。

…となると、東側の水平線ギリギリまで見える場所に移動運用するしかありません!。

2.日帰りドライブの途中に…

いつものセットアップを海岸に向けて残念ながら、11/23(祝) は一人では動けず、家族とドライブにでかけなくてはならなくなりました (^ ^;)。そこで、車のトランクに AO-40 用の移動用設備を積み込み、AO-40 の AOS 後数十分だけアマチュア無線をすると言う条件で、家族の了承を得ることができました。最新の軌道要素で計算すると、福岡での AOS 予定は少し繰り下がって 15:31、機器のセットアップに 20〜25 分かかると想定して、15:00 には東側のロケーションの良い場所に到達している必要がありましたので、そのあたりを考慮しながらドライブし、14:40 に、行橋市の北部海岸沿いにある箕島と言う場所に到着しました。着いてみると、おあつらえ向きに海水浴場があり、東側は水平線が見える抜群のロケーションでした。

早速、いつもの AO-40 移動用設備を砂浜に向けてセットアップしました。Uplink は釣竿ブームの手製の 11 エレクロス八木、Downlink は HG-2424G BBQ Dish、マキ電機製プリアンプと改造ドレーク 2880 コンバータ、無線機は IC-821(20W) です。作業開始からセットアップ終了まで約 25 分、見積もりよりややかかってしまいましたが、何とか間に合いました。

15:25〜に受信を開始、15:28 に (計算より3分ほど早く) S2-MB の信号のカケラを確認、15:30 にはループテストに成功しました。すぐにビーコンから上をさぐると、MB +20KHz に W6FOG/6Y5 と交信する JA 局の信号か確認できました。しばらく待機した後、15:40 に JH0TOG 局に続いて 53-52 で交信成立!、やったぁ。

海岸の砂地に机を置いた臨時シャック計算では仰角は2度未満でしたが、S2-MB は十分に強く受信できました。ただ、周期の長い QSB を感じましたので、安定した伝播ではなかったようですね。無論、こちらの受信が水平偏波だからだったのかも知れませんが…。

せっかくの「行橋市」移動なので、少し CQ を出して JCC サービスを、と思いまして、16:00 あたりまで CQ を出し、JE2UAZ、JH0TOG/0 局と交信できました。このまま移動運用を継続したいところですが、何と言ってもドライブの最中、残念でしたが撤収です。

 


by Yoshihiro Imaishi JF6BCC/KH2GR
mailto:jf6bcc@jarl.com

アマチュア無線メニューへ戻る