Updated : 2002/11/11

佐賀県・熊本県/衛星サービス移動
2002/11/2〜3

アマチュア無線メニューへ戻る


1.移動運用に至る経緯

 

2.佐賀県三養基郡基山町移動

基山PAの地図・ちょうど県境に位置している 3連休の初日、2002/11/2(土)。昼過ぎから荷物をまとめ、車に積み込んで 16:30 に北九州市の自宅を出発。しました。今夕最初の 19:04〜 のUO-14 に間に合うよう、「佐賀県」にたどり着かなくてはなりません。

さて、北九州市から最も「近い」佐賀県は、九州自動車道・基山パーキングエリアです。佐賀県の東端の三養基郡基山町で距離的にも近く、また、高速道路を走れば直接にたどり着くので、時間的にも一番近い位置にあります。パーキング全体は山の東斜面にあるので、衛星向けとは必ずしも言えませんが、少なくとも東向けパスは大丈夫そうです。鈍足のニッサンマーチをゆっくり走らせ、現場に 18:00 に到着しました。

基山パーキングエリアは、名前こそ「基山」ですが、その敷地は、福岡県筑紫野市に半分かかっています。下り線の場合、飲食施設があるのは福岡県側なんですね。

PA内の南側にある県境表示少し早めに到着しましたので、車を適当に止め、PA をすこし歩いて回ってみました。と、南側にあるトイレ手前に、写真のような県境表示がありました。ここから南で運用すれば「佐賀県」と言うことになりますね。

日没で暗くなったPA内にアンテナを設置トイレの向かい、本線近くに高速バスのバス停があり、その裏手に小さな植え込みがありました。飲食施設から離れていることもあって、ここなら駐車車両の迷惑になりそうにありません。植え込みに隣接している駐車スペースに車を止めて、その脇に、三脚にいつものように FM 衛星用セットアップを行いました。

さて、待望の 19:04〜19:16 の UO-14 は東向け最大 15 度の北上パス。…何だこれは、弱い、尋常じゃないくらいに弱い!。いつも問題無く使えていたダウンリンク受信用の 435MHz 6ele & C-501 なのですが、今日は受信が困難です。何かセットアップがおかしいのかな?、でも確認する時間は無いし…。何とか JH5FQC, JA7JSK, JO1FEF, JH0PVF 局と交信できましたが、聞き取れなかった局があったかも知れません。近隣の JF6GBH 局のアップリンクはガンガン入って来てたのですが、肝心のダウンリンクが聞き取れず、交信は不成立でした…。

UO-14 の LOS 後に、アンテナの接続を確認したのですが、問題があるようには見えません。2m シンプレックスで JF6GBH 松尾さんと交信しましたところ、松尾さんの方でもダウンリンクがかなり弱かったそうです。車内に戻り、電池残量を気にしながらノートパソコンを起動、PHS 経由で uo14.net の Web 掲示板も参照しましたが、UO-14 のこのパスのダウンリンクは、やはりかなり弱かったようです。一体何が UO-14 に起きたのだろうか… (--;)。

ビニルシートを雨避けにして待機当初はここで、次の UO-14 の西パス向けに良い場所を探して、佐賀平野に出るつもりでいました。が、次のパスを計算してみると、基山で 20:42〜 に西向け最大 57 度と出ました。基山 PA は山の東斜面にあり西向けは不利なのですが、最大仰角 57 度であれば全く問題無くアクセスできるはずです。夜間、知らない土地でフラフラと運用場所を探すよりも、このままパーキングエリアに留まって次のパスを待つのが正解です。時折、小雨のパラつく天候でしたので、無線機を装着したままのアンテナセットに、ビニルシートを被せて防水、車内にこもっと HF をワッチしました。

次の 20:42〜20:56 の西向け最大 57 度のパスに QRV。…今度も弱い!JH0PVF, JN1GKZ, JH5FQC, JA1SCE 局と交信し、JA7JSK 局を受信できましたが、最大仰角時でも、いつもならピークで S7 にはなるダウンリンクが、S2〜3 かせいぜいです。出力で言うなら -10dB くらいに落ちている感じです…。結局、パスの後半はロクに受信できませんでした。このパスでも、アップリンク周波数で聞こえている JF6GBH 局の声をダウンリンクで確認することはできませんでした。

苦労して来た割りに、悔いの残る結果となりました。

3.熊本県玉名郡長洲町移動(1)

さあて、今日は続きがあるのでのんびりできません。LOS 後すぐに撤収を開始し、21:10 には南に向けて移動を開始しました。

既に AO-40 は使用可能状態にあるので、できるだけ早く QRV したかったのですが、今回の熊本行きの主目的である、明日の JARL 3県合同支部大会の会場に、できるだけ近いところで設置・運用したいと言う事情もあります。何より、筑後地区の地理に明るくない人間が、夜間フラフラと場所を探し、翌朝、寝不足で運転することを考えると、やはり、最終目的地の長洲町近くに陣取るべきです。田舎の海岸なら、どこか、車を止めて寝られる場所くらいあるでしょうし。

海岸の堤防脇に車を止め、AO-40用設備をセット高速を南関 IC で降り、荒尾→長洲と進んで、長洲のフェリーターミナル入口 に 22:20 に到着しました。さあて、どこか海岸に出る道は…。ふと海岸側を見ると、大きな陸橋があり、それを渡ってみると、左側の堤防づたいの道路と、車1台が止められそうなスペースを発見しました。よし、今夜はここに決めた!。すぐに AO-40 用設備のセットアップを開始しました。組みたて部品が多く、FM 衛星用セットほどには早くできませんでしたが、約 30 分後の 22:59 に完了し、ビーコン受信とループテストにすぐに成功しました。

計算では MA=109 付近でしたので、状況にも問題ないはずです。すぐに MB+10KHz で SSB で CQ を出しましたところ、JA1GYT 局から早々に呼ばれました。…しかし、アンテナ方位が仮合わせ状態のため、補正でショートで QSO で終えようとしたのだが、話を聞いていないのか、構わず長話を進めてくるのに、ちょっと閉口 (--;)、半ば強引にファイナルを送ってセットアップを調整しました。

微調整を終えて 23:11 に再度 CQ を開始。JH5FQC, JH4AGP, 7L4OSU, JA3CMY, JR1LQE, JA3CIR, JA1PSS, JA5URO/1, JO1FEF, HL2JFM(CW), JE0JDY/2 局と交信です。日付が変わって 11/3 0:04 に VR2XMT Charlie から呼ばれました。その後 0:30 まで CQ を続け JA4DRP/1 局と SSB/CW で交信、最初に CW でやたら弱かったのは 1.2GHz から、その後の強い SSB は 435MHz からとのことでした。1.2GHz Up はやはり色々難しいみたいです。

空は快晴で星が綺麗。対岸の長崎の灯りが…写ってませんね交信の最中に JA1GYT 局から「荒尾から QRV する予定は無いか」と聞かれました。何でも、衛星の JCC400 が目の前だとか。確かに長洲町は荒尾市のすぐ南ですし、1〜2km も北に戻れって移動地を探せばいいのですが、このあたりは初訪問で地理には全く詳しくありませんし、深夜で周囲はまっ暗ですので、とても荒尾の運用場所を確保できるとは思えません。明日はイベントの後すぐ帰宅の予定ですから無理、と言うことで、残念ながらお断りさせていただきました。

運用しながら空を見ました。ちょっと北にある荒尾の工場地帯の明かりがありますが、それでも満天の星空です!。…ううっ、寒いぞ…。対岸には長崎県の島原半島の灯りが見えます。ほんのすぐ近くに対岸があるみたいに思えます。フェリーに乗って渡ればもう長崎県、3県ハシゴ移動…。

熊本県側の移動地を示す地図。クリックで拡大。日付が変わって 11/3 の 0:30〜 に一旦 CQ を停止し、持参した某局の故障 2880 のチェックを実施しました。確かにおかしいのですが、かすかにビーコンが聞こえるあたり、回路の故障と言うよりも、ハンダ割れか何かで損失が起きているだけかも知れません。いずれにしても、眠い目と頭では 2880 を開けてチェックする気にはなれず、1:08〜 に MB+30KHz で CQ を再開。YB0CBI, UU9JJ 局と交信し、1:40 に QRT しました。

AO-40 用設備を表に出したまま寝ようか、とも思ったのですが、小雨がパラつく寒い状態で明日の天候も不安でしたし、次に目がさめるときには LOS して使えない訳で、このまま外に出していても意味がありません。朝日の中でアンテナの写真撮影でもしようかな、と思っていたのですが、断念して撤収してしまうことにし、1:50 には撤収を完了しました。

この時点でもうかなり眠かったのですが、身動きできるようになると欲が出ますね。来た道を戻って、支部大会の会場をちょっと下見…、うわ、駐車場が車で一杯!。こりゃ、明日朝は早めに来ないと、車を停められないぞ…。コンビニで夜食を買い、AO-40 の運用場所だったところに戻って、車内で仮眠です。

4.熊本県荒尾市移動

開け方、有明海の対岸には島原半島・雲仙が。 翌朝は 5:30 に目覚めました。実質3時間半程度しか寝ていませんが、体調もそんなに悪くありません。外に出るとさすがに寒く、いきなり冬になったような天気です。温度計は持参しなかったのですが、気温は 10 度以下なのは間違いないでしょう。空は曇り空、いまにも雨が降りそうです。とりあえず、コンビニで調達しておいたオニギリとコーヒー牛乳で朝食を済ませました。

荒尾市の運用場所。小さな船着場になっていた長洲の最初の UO-14 のパスは 7:21〜7:30 の東向け最大6度です。長洲町の今いる海岸では、東方向には建物があってちょっと低すぎます。日が出て明るくなって、堤防沿いの道が見え、車でも十分通行できることがわかりましたので、試しに、東側に開けた場所が無いかと、そろそろと進んでみました。…進んで…進んで…あら、いつの間にか荒尾市に入ってしまいましたよ (^^;)。堤防の切れ目にちょっとした高台の広場があったので、そこに陣取ることにしました。

太陽が出てきました三脚に FM 衛星用機材をセットアップして、7:21〜7:30 の UO-14 に QRV。…が、またもや弱い。昼間のパスまで弱いとなると、UO-14 が本気で心配です。まあ、単に仰角が低すぎて山にかかっているだけかも知れませんが。JH0PVF, JH3DJX, JH7UMF 局と何とか交信に成功です。

続く 7:34〜7:49 の AO-27 は東向け最大 42 度の南下パスでした。もし自分の FM 衛星用移動設備の受信系に問題があるなら、AO-27 も同様に弱いはず…だが、こちらはいつもの通り良好に聞こえてきました。やはり衛星のダウンリンクそのものが弱いようです。残念ながら AO-27 はテレメトリ送出中で FM レピータ運用はNGでした。

JARL 3県合同支部大会の開場は 10:00 なのですが、昨夜、深夜の駐車場の状態を見る限りでは、すぐに満杯になりそうでした。そこで、次の UO-14 のパスは会場前の駐車場で行うことにして、すぐに撤収を開始。10 分程度で荷物をバラし、車に放り込みました。

5.熊本県玉名郡長洲町移動(2)

支部大会の会場の「有明会館」わずかの距離を車で急ぎ、支部大会の会場となる建物の向かいの駐車スペースに陣取りました。FM 衛星用セットアップを 8:25 に終了、やはりハムの集いらしく、何人かが興味深そうに見ていかれました (^^;)。

駐車場にセットアップ8:59〜9:13 の UO-14 は最大 86 度とほぼ天頂を通る南下パスでした。目の前を横切るJR長洲駅からの道路は、ほぼ南北方向ですので、衛星の見える方向には特別な障害物は無く、運用に支障は無いようです。

衛星がやってくる1分前に C-501 のスイッチを on にして受信開始…。な、何だこのカブりは?。JA1AN/6…、え?、JARL の会長?。あ、会場にアンテナがある。記念局が設置されているのか!。しまった。145.02MHz の3倍は 435.06MHz、これでは UO-14 のダウンリンクにモロにカブってしまう!。駐車場狙いで場所をここに持ってきたのが、完全に裏目に出てしまいました。

UO-14 のダウンリンクはいつもの強さで安心したのですが、カブりの合間の受信で JO1FEF, JH0PVF, JH7UMF/1, JE7RGW, JR6LDE 局と交信できたものの、他は確認できませんでした。途中から雨も降り始め、パスの中ごろにやむなく撤収です…、とほほ。

9:30 に3県 (福岡・佐賀・熊本) 合同の支部大会の会場に入りました。3県合同とは言ってもささやかなイベントで、メーカー・販売店の展示しジャンク即売がいくつか出ていた程度です。特に欲しいものは無く、145/435 のデュプレクサの中古を買ったのみでした。途中モービルに戻って、会場で運用されていた全国菓子博記念局 8J6KHK/6 をカード目当てで 7MHz で呼び交信。ついでに 21MHz を聞くと、ちょうどこの週末にグアムに行っている PTDXC の岩渕さんが KA1I/NH2 で出ていたので、パイルに混じって交信、その後 18MHz に QSY して同行の岡村さん KH2E 局と交信し、PTDXC レンタルシャックの機材について打ち合わせをしました。修理して持参した FT-1000MP Mark-V がまた壊れたとか… (--;)。

13:00〜13:50 の間、21MHz で記念局を運用するが、国内がスキップしているようで全く応答がありません。KA1I/NH2 のバイルに参加してみましたが、全く歯が立たないところを見ると、コンディションだけではなく、記念局のアンテナにも問題があったのかも知れません…。それにしても、この 8J6KHK と言うコールサインは言いづらいですね。KH… とくると、つい自分の KH2GR を言いそうになってしまいます (^^;)。結局、記念局からの交信は7局だけに終わってしまいまいした。…記念局があるのなら、サテライトに出させてもらえばよかったかも…。

そうこうしているうちに会場ではオークションがあったらしく、終わったときにノコノコ行ってみましたら、参加していた某局から「ドレーク 2880 が出たよ。入札者がほとんど無くて \1,500- で落ちちゃった」 と…。

何ぃ、ドレーク 2880 がせんごひゃくえんだと!

落札した人も衛星ユーザではなく、特に何に使うつもりもないとおっしゃるので、お願いして譲ってもらうことに (^^)。まさか支部大会で 2880 が手に入るとは思いませんでした。イベントには出るもんですね。

14:00 からは大会最後の景品抽選会でした。JARL の財政難 (=支部費の不足) を反映してか、3県合同でも景品は質素、全員には行き渡らない品数でした。私はホンジュラスの2003 年カレンダーが当選してホクホクです。14:50、景品の抽選会終了と同時に解散し、所属のクラブメンバー数人と 433MHz で連絡を取りながら高速を飛ばして帰路につきました。途中、雷雨に遭いながらも何とか無事 18:15 に帰宅。雨が降りやんでいる間に荷物を降ろし、今回の移動運用も無事終了です。

6.結果

佐賀県三養基郡基山町の GL は PM53GK、熊本県玉名郡長洲町の GL は PM52WFでした。QSO 数は以下の通りです。…ささやかな数ですよね (^ ^;)。

衛星 QSO数 (佐賀) (長洲) (荒尾)
UO-14 16 8 5 3
AO-40 16 - 16 -
HF他 4 1 3 -
36 9 24 3

支部大会でドレーク 2880 が手に入るとは思いませんでした (^^;)。どんなイベントでも出てみるもんです。…それにしても、たった \1,500- で落札とはビックリです。どうも、衛星やマイクロ波関係の人は、殆ど参加していなかったみたいです。まあ、3県合同とは言っても支部大会ですし、会場が熊本となると、遠方になる地域からの参加は少なくて当然なのかも知れません。私だって、往復の高速道路代とガソリン代とで8千円くらいかかりましたからね。それに、イベントとしては、来年2月に久留米で開催される西日本ハムフェアの方が大きいですし…。

西日本ハムフェアと言えば、私も PIRC と言う海外移動運用クラブで出展します。ブースの一角に海外移動で使っている衛星用機材を展示する予定ですので、近県の方はぜひお越し下さい。

それにしても、UO-14 に弱さにはビックリしました。古い衛星がフル送信状態を続けているのですから、何が起きてもおかしくないのでしょうが…、そろそろバッテリーの能力が落ちて、夜間はパワーダウン状態になってしまうのかも知れませんね。AO-27 が「リハビリ状態 (--;)」にある今、UO-14 は唯一の FM 衛星ってことになる訳ですが、既に 12 年以上も飛んでるとなると、どこかに異常が出ても不思議はありませんが…。

信号強度もそうですが、不安定さも以前より増して来ました。これからは、ひょっとしたら6エレ手持ち八木程度の簡易設備では、移動運用での UO-14 への QRV は難しくなるかも知れませんね。8エレクロス八木&プリアンプのシステムを検討したいと思います。


by Yoshihiro Imaishi JF6BCC/KH2GR
mailto:jf6bcc@jarl.com

アマチュア無線メニューへ戻る