Updated : 2002/10/2

2002年フィールドデー・コンテスト参加移動中に
衛星へ QRV
2002/8/3〜4

アマチュア無線メニューへ戻る


私の所属する海外移動運用愛好クラブ PIRC では、毎年8月第1土日に開催される JARL フィールドデーコンテストに、福岡県糟屋郡篠栗町にある米の山展望台 (約800m?) に移動運用を行っています。2002 年の今年も、有志数名が土曜の夕刻から1泊で移動運用を行い、私も AO-40 衛星用の設備を含む移動用具一式を持参して参加しました。

何故、海外移動運用クラブなのに、国内コンテストで国内に移動するのか?、と言われそうですが…、実はこれは、別にクラブの行事って訳じゃないんですよ。フィールドデーコンテストに参加するのはあくまで個々の個人局で、それぞれが好き勝手にアンテナを建て、好き勝手に運用しているだけなんです。ただ、海外移動運用クラブと言っても、しょっちゅうグループを組んで海外に出ている割には、皆が揃うことなんてのは殆ど無いですし、市内の居酒屋での宴会などでは、海外移動用の無線設備の話はできても、実際にアンテナを展開してみたり、運用をデモしてみたりできる訳じゃありませんからね。やはり、無線を実際にやる場でミーティングをした方が、色々とためになるものです。それに、国内の移動なら、休みの取れない忙しいメンバーでも来れますしね。

私も以前から参加してますが、この場所は車で簡単に上がって来れることから、以前は場所の取り合いになるようなところでした。が、ここ何年かは、うちのクラブメンバー以外に上がってくるグループがありません。こんなところにもアマチユア無線の退潮の影響が…。代わりに上がってくるのは若いカップルばかり (- -;)。この場所からだと、糟谷近郊で開催される花火大会が一望できるんです(上から見下ろす形になりますけどね)。

そんな訳で私も参加です。車を持たない私は、普段は兄のマーチを借りて用を足しているんですが、今回は都合がつかなかったため、レンタカー会社から軽を借りました。それにしても、最近のレンタカーはバカみたいに安い値段で驚いてます。軽を48時間借りて、保険やら何やら全部込みで1万円です。月に1回か2回しか車を使わない身では、自家用車を保有してローンや維持費や保険やらで苦労するより、レンタカーで済ませたほうが遥かに有利ですね。上の写真に写っている白の軽が、今回借りた奴です。

持参した設備は5月の小笠原移動で使用したものと全く同じです。ただ、FT-817 & ホイップでは RS-13 衛星のモードTにアクセスするのに力不足でしたので、今回はヤフオクで手に入れた 21MHz のツェップ(右の写真の黄色いワイヤー)を持参しました。ただ、支持する釣竿が短いものしかなくて、右の写真みたいにタレちゃってます。この設備で AO-40, UO-14, FO-20/29、それと AO-7に QRV しました。AO-27 はちょうど休止時期だったため使えませんでした。

米の山展望台は、南西〜北西〜北東方向に向けて非常に視界のよい場所です。標高が高いこともあって、2m で韓国の局がダイレクトに聞こえてくる場所でもあります。私の自宅では地形で完全にブロックされている方向が、ほぼ仰角ゼロまで見える場所なので、普段できない方向を狙うのに最適です。…もっとも、北九州市の自宅からだと3時間ちょっとかかる場所なので、そう気軽に行けないのが難点ですが…。

右の写真に写っている奥2台の車がメンバーのものです。こ一角は展望台の一番奥で、景色を見ようと上がってくる人の眺望を妨げないよう、展望方向と反対側の片隅に固まっている訳です。とは言っても、異様なのは隠しようがなく、HFのトライバンド八木だの、私の BBQ Dish だとの、普段見なれないアヤシい品物を堂々と広げている我々は、好奇の的だったみたいです。

運用結果は、まあ、それなりというところでした (^ ^;)。

衛星

QSO数

AO-7

3

UO-14

9

FO-20

0

FO-29

2

RS-13

0

AO-40

14

苦労して RS-13 用のアンテナを準備したのですが、結局 QRV できなかったりして…。AO-40 が午前中に LOS した時点で運用をあきらめ、早々に撤収して帰宅しました (^ ^;)。


by Yoshihiro Imaishi JF6BCC/KH2GR
mailto:jf6bcc@jarl.com

アマチュア無線メニューへ戻る